セックス前のコーヒーによる産み分け法

MENU

コーヒーを飲むと男の子が産まれる理論とは

 

普段日常的に飲んでいる方も多いコーヒーですが、

実はこのコーヒーは近年男女の産み分け方法にも効果的であることが分かっています。

 

コーヒーには「カフェイン」と呼ばれる成分が入っていて、

このカフェインが産み分けに効果的とのことです。

 

コーヒーを飲んで男の子を妊娠しよう

 

男性はセックスをする前に一杯のコーヒーを飲みましょう。
コーヒー中のカフェインには精子中のY染色体の運動量を上げる効果があり、この働きによってY染色体は酸性の膣内でも死滅しないで生きながらえることができるといわれています。

 

確率的にはわずかに男の子が妊娠へ傾く程度だと思いますが、
男性にとっては日頃から飲みなれているコーヒー一杯で産み分けができるのであれば安いものでしょう。

 

コーヒーが飲めなくても大丈夫

 

「でも自分はコーヒーが飲めないから」という男性も諦める必要はありません。
ここで言いたいのは、セックス前にコーヒーを飲むということではなく、
カフェインを摂取するということです。

 

カフェインが含まれているのはなにもコーヒーだけではありませんよね。

 

カフェインが含まれている飲料水とは

ではコーヒー以外にはどんな飲料水にカフェインが含まれているのでしょうか。

 

  • 紅茶
  • 緑茶
  • 抹茶
  • ウーロン茶
  • コーラ

など

 

お茶系にはほとんどカフェインが含まれていることが分かります。
コーラにも含まれているのは少し驚きですね。

 

またお茶でも玉露や紅茶はコーヒーよりもカフェインの含有量が多いことが分かっています。
コーヒーが苦手な方はこちらを飲んでみてはいかがでしょうか。

 

カフェインのデメリット

 

もし女性の中に「私は毎日コーヒーや玉露、紅茶を飲んでいる」
という方がいたら要注意です。
妊娠が発覚したら、ただちにこれらの摂取はやめてください

 

皆様のご存知の通り、
カフェインには眠気防止や疲労回復の効果があります。
コーヒーは働く社会人の方の強い味方ともなっていますね。

 

しかし、胎児にはこのカフェインの効果は強すぎて、
出産後の成長に悪影響を及ぼす可能性があります。

 

研究の結果によると、カフェインを日頃から摂取していた人の子どもには「落ち着きがない」「集中力がない」「不眠がち」
などの影響があることが分かっています。

 

正確なところの医学的解明はまだされていませんが、
カフェインの過剰摂取は胎児によくないというのは医学会の中でも通説となっています。
一日300ミリリットル以内であれば問題ないようなので、コーヒー好きならば摂取量を守りましょう。

 

また、同じ茶系飲料でも「麦茶」にはカフェインが含まれていないので、
こちらに切り替えてみるのもいいでしょう。