簡素なセックスが産み分けのコツ

MENU

簡素なセックスが女の子のコツ

 

女の子を授かりたい場合は、セックスにも気を配らなければなりません。

男の場合は深い快感を覚えればそれだけアルカリ性の液体が膣内に分泌して、

男の子を妊娠しやすい環境となります。

 

しかし、女の子を希望する場合はその真逆の行為となります。

つまり、快感を得ない簡素なセックスを行うことになります。

 

快感を得ないセックスとは

 

 

セックスは本来男女ともに深い快感を得ることで愛を確かめ合う行為です。

 

しかし、女の子を妊娠したい方はそれはご法度となります。

 

膣内を酸性に保ち続けるためには快感を得てはいけないのです。

 

 

簡素なセックスをこころがけよう

女性が快感を得ないセックスはどんなセックスでしょう。

 

まず挿入前の定番行為である愛撫オーラルセックス禁止です。

 

女性の膣がある程度濡れてきたら、すぐに挿入して、
愛を語りかけることもなく膣内で射精しましょう。

 

女性は雰囲気に酔いがち

簡素なセックスを心がけようとしても、
その場の雰囲気によっては女性は知らずのうちに快感を覚えるものです。

 

例えばセックス中はテレビのバラエティー番組を流したり、
女性には他のことを考えてもらったりとセックスを義務的行為にすることも必要です。

 

度を越したセックスはセックスレスのもとに

 

いくら女の子を産むためとはいえ、
度を越した簡単なセックスを行えば女性の膣は渇いて痛みしか感じませんし、
膣内が傷ついてしまう可能性もあります。

 

また、つまらないセックスがもとで普段のセックスもおろそかになり、
セックスレスになる夫婦も中にはいらっしゃいます

 

子作りセックスのときは女の子には我慢してもらうことにはなってしまいますが、
その分他の日には愛情を注いであげましょう