セックス時の体位による産み分け

MENU

体位は浅く挿入するのが秘訣

セックス時の産み分け方法として、
体位を変えることも重要な要素の一つです。

 

体位は浅く挿入するのが秘訣

 

では幾種類もある体位のうち、
どれが女の子の産み分けに適しているのでしょうか。

 

セックス時の体位による産み分けについて詳しく説明していきます。

 

セックス時の体位による産み分け目次

なぜペニスの挿入が浅い体位だと女の子が生まれやすいのか?

セックスのときに肝心なのは
「膣内の浅いところで射精すること」です。

 

これはなぜかというところから解説いたします。

 

精子中にはご存知の通り
女の子を妊娠するX染色体男の子を妊娠するY染色体
が存在します。

 

体位は浅く挿入するのが秘訣

 

そして、膣内の環境が酸性であればある程、
女の子が生まれやすい事が明らかになっているのです。
膣内が酸性に保たれている状態はX染色体には好都合なのです。

 

膣内が酸性の状態だと
X染色体(女の子)の動きを活発化させ、
Y染色体(男の子)の動きを鈍らせる事が分かっています。

 

しかし、深く挿入するとY染色体も卵子に届いてしまいます。

 

一方浅いところで射精すると、
酸性に弱いY染色体は運動率が下がります。

 

また、精子が卵子と出会うまでの距離が長いほど
X染色体と結合しやすく、女の子を妊娠する確率が高いのです。

 

このことからセックスの体位も
ペニスがあまり深く入らない体位を心がけるべきと言えるでしょう。

膣内の環境を酸性にするにはどうすればよいのか?

現在では、産み分け潤滑ゼリーというモノが存在しており、
セックス前にこのゼリーを使用することで膣内の環境を変化させる事ができます。

 

そんな潤滑ゼリーの中でもオススメなのが、
このベイビーサポート

 

体位は浅く挿入するのが秘訣体位は浅く挿入するのが秘訣

 

今ではこのベイビーサポートを使用した産み分けが広まりつつあり、
なんとこの産み分け成功率は7〜8割にも昇っています。

 

この産み分け潤滑ゼリーを使用した上で、
セックス時の体位にも気を遣うことでさらに産み分け成功率は上がります。

 

 

>>ベイビーサポートの詳しい情報はこちら<<

浅い体位とは

ここで前置きしておきますが、
浅い体位とは女性の身体によって多少変わってきます。
女性によって膣内の形状が異なるからです。
体位は浅く挿入するのが秘訣
男性の方なら経験があるのではないでしょうか。

 

ある女性は騎上位によって深い快感を覚えていたが、
また違うある女性は後背位(バック)で快感を覚えていた。
逆にある人は後背位をすると痛がる。

 

女性の膣の形状というのは個々によって異なりますので、
いろいろな方法を試してみて、お互いが気持ちよく、
負担がかからない摩擦運動ができる体位を確認しましょう。

 

一般的にペニスの挿入が浅くなる体位とは
「伸長位」「測位」そして「騎上位」と言われています。

 

伸長位

女性が仰向けでベッドに寝て、男性が多いかぶさってペニスを挿入します。
一見すると普通の正常位ですが、注意点は女性が両足を伸ばして閉じるところにあります。

 

これによってペニスは女性が足を開脚した状態よりも浅く挿入されます。また、両足を閉じることによって付け根の部分とペニスとの摩擦運動も生じますので、男性側は快感を得ることができます。

 

測位

これはお互いが横向きに寝て顔を見合わせた状態でペニスを挿入する方法です。
但し、こちらは難易度が高く、なかなか摩擦運動(挿入後のピストン)を起こせない方もいます。

 

すぐにペニスが膣から抜けてしまう人もいらっしゃいますし、
慣れるまでに若干の時間とテクニックが必要となるでしょう。

 

騎上位

男性が仰向けになって、女性が馬乗りの状態でペニスを挿入する体位です。
ペニスを突き上げる形となります。
女性によってはこの体位は痛みが生じる場合があるので、事前に試しておきましょう。

 

騎上位は重力に逆らって射精した精子が上へと泳いでいくので、
妊娠する確率自体がそもそも低くなる可能性があります。

 

子作りセックスには、あるいは向かない体位とも言えるでしょう。

射精後は安静を保とう

射精後にすぐ立ち上がり、ティッシュなどで膣を拭き、
シャワーで洗浄してしまう方は要注意です。

 

射精後は精子が膣の奥へと泳いでいますので、
すぐに立ち上がる行為がご法度です。

 

最低でも
20分から30分寝たままの体制を維持して安静にしてください。

 

 

 

また、そのまま仮眠してしまっても問題ありません。

 

子作り夫婦の方には、射精後精子がこぼれないように、
また奥に届くようにと逆立ちをする女性がいます。

 

しかし、これはあまりおすすめできません。

 

先には最低20分以上は安静にしてくださいと解説しました。
逆立ちを20分以上続けることができるならば別ですが、
オリンピックの選手でも20分以上の逆立ちはできないのではないでしょうか。

 

またこの行為は腹筋を使いますのでよくありません。

 

射精後に精子がこぼれてしまう

セックスの射精後、
ペニスを抜き取ったら精子がこぼれてしまう現象があります。

 

こちらは問題ありません。誰でもそうなりますし、
またこぼれる精子はもともと卵子と結合することができない精子と言われています。

 

もし不安ならば、射精後は数十分ペニスを挿入した状態を保ち、
また、その後も女性は枕をお尻にしいてこぼれないように配慮すればいいでしょう。