MENU

 

   

妊娠の秘密と産み分け法記事一覧

 

性別の産み分け方法を行いたい際は、必ず妊娠前から行います。というのも、性別が決まるのは精子と卵子が出会い受精卵となるときなのです。つまり、性行為の射精後となるわけです。時遅しということにならないために知識がない方の中には「産まれてくる赤ちゃんの性別はいったいいつきまるのかしら」と疑問を抱いている方もいらっしゃいます。妊娠後に「男の子が欲しいけど、そのためにどうすればいいでしょうか」と相談に産婦人科...

 
 

前項では性別を決めるのは男性の精子が持つ「X染色体」、もしくは「Y染色体」のどちらが卵子と結びつくかによって決まると解説しました。では、どのような条件のもとX、およびY染色体が卵子と結びつくのでしょうか。そして、その答えが性別の産み分け方法の鍵となります。性別が決まるのは偶然ではない男女どちらが産まれる確率は簡単に言えば50パーセントです。しかし、産み分け法によってこの確率を若干偏らせることができ...

 
 

女性が妊娠するために男性の精液の状態によるところが大きいことはご存知かと思います。男の子を作りたい場合は、排卵日から遡って約3日から5日間禁欲をするとより効果的です。しかし、これ以上(5日間以上)精子を貯め込むのは逆効果で、精液量は増えますが精子の運動率が低下していきます。禁欲を長く続けると、精液の色が濃い白濁液と変わりますが、さらに禁欲を続けると黄色がかかってきます。おすすめはその前に射精するこ...

 
 

産み分け方法を駆使した妊娠を考えている方は、いくつかの制約が課せられます。それは性行為を行う時期であったり、薬の服用、体位であったりとさまざまですが、今回はその中で「禁欲」をご紹介したいと思います。産み分け妊娠に禁欲は必要そもそも禁欲はなんのためにするのかを最初にご説明します。男性は禁欲することで、精子を貯めることができます。精液は精巣に溜まることによって、精子の量と運動率が上がります。一回の射精...

 
 

男性の精子にはX染色体とY染色体を持つ二つの種類が存在します。X染色体は女の子を、Y染色体は男の子の性別を持っています。つまり、女の子が欲しい場合はX染色体と卵子を結合させればいいという理論が成り立ちます。しかし、射精する際は必ずXとY両方の染色体が放出されます。X染色体だけを射精することはできません。そこで産み分け方法として効果的なのが「染色体の寿命を計算した射精」です。染色体によって寿命は異な...

 
 

人工授精とは精液を体外に取り出し、妊娠できる活発な精子を選び、再び女性の膣内に戻して自然妊娠させる方法のことをいいます。もしこの精子を選ぶ際に、女の子を妊娠するX染色体を選べば100パーセント女の子を妊娠することができます。その産み分け方法として期待が高まったのが「パーコール法」と呼ばれる産み分け方法です。パーコール法の原理体外に取り出した精子をパーコール液と呼ばれる液体に浸し、数層からなる遠心分...

 
 

もし男の子が欲しいと願った場合は、セックスによる体位も工夫しなければなりません。体位による産み分け方法は膣までの射精距離を調節するものとなります。つまり、女の子が欲しい場合は膣奥までの射精距離をできるだけ長くとります。一方男の子を望む場合はできるだけ膣奥までの射精距離を短くすることになります。これは男の子を産むことができる精子中に含まれているY染色体が膣内の酸性に弱いため、長い距離を膣内で泳がせて...