着床前診断法を用いた産み分け法の疑問

MENU

着床前診断は許されるべき?ほぼ確実に産み分けられる方法

 

産み分け方法とは、あくまでも男の子あるいは女の子が産まれる確率が本来五分五分のところを、

どちらかに偏らせて希望の性別が産まれる可能性を高くするという行為です。

 

つまり、どんなに試行錯誤をこらしても、

100パーセントの確率で理想の性別の子どもを妊娠することはできません。

 

しかしながら、近年注目を浴びているのが「着床前診断」です。

この妊娠方法を用いれば、ほぼ確実に性別を産み分けることができるのです。

 

着床前診断の目的は産み分けではないことを覚えておこう

 

最初に言っておきたいのが、着床前診断の本来の目的は産み分けではありません。
あくまでも産み分けをすることができてしまうだけだということを覚えておいてください。

 

着床前診断の方法

 

女性には排卵誘発剤を行い、排卵日を特定します。そして卵子を体外に取り出します。
一方男性側もそれに合わせて溜めておいた濃度の高い精子を取り出します。

 

本来ならば膣内で卵子と精子は結合して受精卵となりますが、ここでは体外で結合させるのです。
体外で結合した受精卵はそのまま培養してある程度染色体が細胞分裂するまで育てます。
そして、医師が見計らって細胞の一つを取り出し、顕微鏡で詳しく調べます。

 

ここでは染色体や遺伝子を詳しく調べ、異常がないかを探すことを目的とします。
そして問題なければそのまま受精卵を子宮に戻し、妊娠させるのです。

 

着床前診断の目的

 

そもそも着床前診断は、染色体、遺伝子の異常を発見することによって、
遺伝子疾患の胎児出産流産を避けることが目的です。

 

流産は健康的な女性にも起こりうる偶発的なものですが、
染色体異常によって発生することも分かっています。

 

前項でも紹介した通り、
染色体には人を形成するあらゆる情報が入っていて、
その中の一つには「性別」も含まれています。

 

つまり、着床前診断によって染色体の異常を調べると同時に、
性別を調べることもできてしまうのです。
最初にご説明したほぼ確実に産み分けられるとは、このことを意味しています。

 

着床前診断は日本では受けられない?

 

この着床前診断は一見すると非常にメリットのある行為に見えます。

 

  1. 流産を回避できる
  2. 染色体異常、遺伝子異常を回避することによって先天性疾患を持つ子どもの出産を回避できる
  3. 男女の産み分けができる

 

しかし、上記AとBは世界的に問題視されているのが現状です。

 

命の在り方

 

例えばローマカトリックが栄えている
イギリスやイタリア、フランスでは着床前診断は法律で一般的には認められていません。

 

それはなぜかと言うと、
「受精卵になって妊娠したときからすでに命は誕生している」という見方があるためです。
異常が見つかれば妊娠させないというのは「命の選別の行為に該当する」という見解なのです。

 

これは日本でも同じく言われています。
なにかしらの異常によって先天性疾患を持って産まれてくる子どもを妊娠させないのは、
先天性疾患への差別だ、という見解を示しています。

 

Aで問題視されているのですから、Bの男女産み分けはご法度になるのは当然ですね。
「性別の選定」に該当してしまいます。
現に男の子が欲しい家庭で女の子を妊娠してしまったために中絶をする夫婦も大勢いるようです。

 

しかし近年では著しい染色体異常遺伝子異常が見られる胎児に関しては、
着床前診断が認められている傾向にもあります。

 

学会的にはまだ男女の産み分けは認められていませんが、
より良き家庭の構築を目的に内情では男女の産み分けを行っている病院もあると聞きます。

 

また、日本では厳しい規制があり、着床前診断ができなくとも、タイやアメリカでは規制はされていません。
どうしても理想の性別の子どもを授かりたい方は、海外で着床前診断を受ける夫婦もいます。

 

問題は費用

 

着床前診断は体外受精の一部です。
費用はやはり高額となり、
一回で40万円ほどかかります。

 

しかし、一回で妊娠に至ることは少なく、
確率は30パーセント前後と言われています。

 

妊娠に至るまで平均して3回から5回受けなくてはならないため、その費用は150万円ほどとなります。

 

また、不妊症に悩んでいる方は子宮内で受精卵が着床できない「着床障害」の方も多く、
その方は確率はさらに下がってしまいます。

 

このように近年日本でも着床前診断は認められるようになりつつありますが、
対して高額な医療費のため断念する人も大勢います。

 

今後の産婦人科学会の動向や政府の支援などに期待したいところです。