MENU

産み分けにこだわりすぎるのは禁物記事一覧

 

産み分け妊娠にあまりに執拗になるのはかえって妊娠する確率自体が減少してしまう可能性があります。本来の目的は男の子か女の子かを選ぶことではなく、新しい赤ちゃんを授かることであり、また妊娠が大前提のはずですよね。産み分け妊娠にこだわり続けて、そもそもの妊娠ができなくなってしまっては元も子もありません。男の子が欲しいときの禁欲には要注意これまで紹介した産み分け方法によれば、男の子を授かりたいときは精液の...

 
 

性別の産み分け方法を用いて希望の赤ちゃんが産まれてくれればそれが理想なのかもしれません。しかし、産み分け法に執拗になりすぎて、本来のセックスの楽しみを忘れてしまってはいけません。最悪スパイラルに陥ってしまい、妊娠はおろか不妊症にもなりかねません。産み分け方法が原因でセックスレスに産み分け方法によっては男性は禁欲を迫られますし、女性はセックス中に快感を覚えることを禁じられます。このような条件付きのセ...

 
 

別項目でも現在日本では確実な性別の産み分け方法(体外受精による)は医学会的に認められていません。これは「命の選別」に当たるとして規制されているからです。この命の選別に関して具体的にご説明したいと思います。中絶が多い国の実態日本も同じことが言えますが、こと東南アジアでは中絶が非常に多いです。望んだ性別の子どもが産まれないというだけで中絶することが多く、この原因には命を大切に思わない人々の心理がありま...

 
 

お子さんを二人以上授かりたいと計画しているご夫婦は、最初の子どもは性別にとらわれる必要はあまりないでしょう。最初に男の子が産まれたら、次は産み分け方法を取り入れて女の子を妊娠するようにすればいいのです。最初は絶対女の子が欲しいと思ったときは産み分け法をしなければなりませんが、しかし、絶対という言葉は妊娠においてはありません。妊娠はあくまでも偶発的な事象であり、性別は運任せの要素が多分にあります。最...

 
 

子作り夫婦にありがちなのが「義務的なセックス」です。子どもを作るためにと日頃のセックスが義務のようなものになってはいないでしょうか。10代、20代の若いころを思い出してみてください。どんなセックスをしていましたか。同棲していなければ毎日会えるわけでもないので、月に何回かのセックスは情熱的になっていたのではないでしょうか。夫婦になると自宅に帰ればお互いが顔を合わせるというのが至極当然になってしまいま...

 
 

性別の判断は妊娠してから20週(約5か月)前後で分かります。2D超音波を通して胎児を調べます。しかし、現在はあえてこの超音波診断を行わないで、出産時の楽しみにとっておくというご夫婦も多くいるようです。超音波診断の正誤性超音波診断で胎児の様子を確認することができますが、それでも胎児がなかなか陰部を見せてくれなかったり、股に隠れてペニスの有無を確認できない場合があります。「お腹の中の赤ちゃんはきっと女...

 
 

これまで数々の男女の産み分け方法をご紹介してきました。「男の子を産んで、一緒にキャッチボールをやりたい」「女の子を産んで一緒にショッピングにでかけたい」産まれてくる子どもが息子にしろ娘にしろ、そこに愛情があれば性別は関係ない。これが真実なのではないでしょうか。子どもの性別は関係ある?例えば家柄が農家の場合、息子が産まれなければ跡取りがいなくなってしまいます。どうしても男の子が欲しい場合、このサイト...