産み分けで女の子が欲しい

MENU

二人が息子の家庭。三人目を作るのが怖い

某女性雑誌が「子どもは何人欲しい?」
という興味深いアンケートを実施しました。

 

その結果、「平均2人」でした。
二人が息子の家庭。三人目を作るのが怖い

 

日本人家庭においては
二人が理想の家族という認識が強いようですね。
これは家庭の経済事情にも由来していると思います。

 

また、育児を中心になって行う女性にとって、
労力的に二人が限界では?

 

という意見も強くでていることが分かります。

 

また「現在三人目の子どもを検討中」と答えた方の大半は
「長男、長女のご家庭」、あるいは「長女、次女のご家庭」でした。

 

これはどうしてでしょうか。

 

男の子が二人の家庭は三人目が怖い

二人が息子の家庭。三人目を作るのが怖い

 

長男次男と男の子を二人授かったご家庭は、
もし三人目を作るとしたらなんとしてでも女の子が欲しい
と考えています。

 

しかし、通常の出産方法では
女の子が産まれてくる確率はまさに五分五分です。

 

危険な橋を渡るくらいであれば
二人を大事に育てたいと考える家庭が多いようです。

 

子どもを産むということは
経済的に慎重にならなければなりません。

 

小学校から中学、高校、大学、塾、予備校などと
金銭面での悩みは尽きません。
三人の子育てはそれだけでも大変なことでしょう。

 

男の子二人の家庭に事情を聞いたところ、

 

「兄弟はいつもうるさい」、
「兄弟喧嘩は尽きないし、反抗期になると親に当たる」
という意見が目立ちました。

 

そこにしっかりとした娘がいれば、どれだけ楽になるだろうと親は考えるものです。

 

そんな産み分けを希望する夫婦に
現在、人気の高い産み分け方法が
「産み分け潤滑ゼリー」です。

 

産み分け潤滑ゼリーを使用した産み分け確率は、
なんと7割〜8割にも昇ります。

 

関連:男の子・女の子の産み分けの条件とは?

 

旦那は娘が欲しい

二人が息子の家庭。三人目を作るのが怖い

 

もし男の子を育てるとしたら、「野球選手に育てたい」、「サッカー選手がいい」などと息子に自分の希望を託すことでしょう。また、子どもと一緒にキャッチボールをすることが夢、という旦那様もいるのではないでしょうか。

 

しかし、心の底ではもし産み分けができるのであれば、女の子が欲しいと思っている旦那様も非常に多くいます。これは男性の深層心理としては自然のことで、男性は自分の娘であろうと異性として扱います。

 

もちろんそこに性的な思考があっては困りますが、
異性として見る以上息子よりも大切に育てようとするのです。

 

「いつまで背中を洗ってもらえるだろうか」、「将来一緒に飲みに行ける日がくるだろうか」、「彼氏はできてやいないだろうか」、「娘には嫌われたくない」などと旦那様は常に意識しています。

 

ですので、二人の息子を授かったご家庭では、無性に女の子が欲しくなるのです。
しかし三人目が男の子だったら…そう思うとなかなか実行に移すことはできませんね。

 

奥さんも娘が欲しい

二人が息子の家庭。三人目を作るのが怖い

 

男の子の育児は何かとストレスがかかります。

 

「家事は手伝わない」、
「部屋は散らかす」、
「勉強はしない」

 

旦那が帰ってきたら食事の用意をしないといけない。

 

家庭の中で女一人という環境は奥様にとっては非常に労力がかかるのです。

 

「もし娘がいたら家事を手伝ってもらえる」、「娘だったらこんなに育児に手間がかからない」、
「休日は娘とショッピングに行きたい」

 

などという欲求がそこに生まれてきます。

 

しかし、三人目も男の子だったら…まさに魔のスパイラルですね。

 

もし
産み分け妊娠の方法は初産前から知っていたら、こんなことにはならなかったかもしれません

 

これから妊娠を考えている人は、理想の家庭の図を描いてみて、
男の子と女の子は何人ずつ欲しいのかを考えて、産み分けの方法を効果的に使いましょう